暖房、クーラー増設


「冬の撮影。暖かぽかぽか」になりました。
以前から、スタジオではいくつか工事したいと思っていました。
一番の大物は、暖房、クーラー工事。

このスタジオは夏の暑さについては問題があまりないのですが、冬は結構寒い。
それで、昨年はダイソンの空気清浄+暖房も買ってきたものの、空気清浄がメインの商品だけに、これだけではなかなかあったまらない。
元々、施工してもらった空調も20畳程度には対応しているし、メイクルームにも別空調が取り付けてある。
それでも寒い。
スタジオの面積、広さ的には一応対応しているものの、それだけでは高さのあるこのコンクリート空間はなかなかあったまらないことがスタジオ運用し始めて2、3か月で分かった。
直ぐに空調の増設とはならなかったのには理由がある。

一般家庭のクーラー程度なら問題は小さいと思いますが、こういった施設の空調工事となると金額的にも30万以上。大物の工事になってしまう。
ちょっと二の足を踏んでいたところ。

撮影スタジオを始めた当初は、「できるだけ気密性を高くすることが正しい」と思っていました。
ところが、気密性が高いと色々問題も起きるんですね。

一つは皆さんもお気づきになると思いますが、感染症対策。
3時間程度の撮影なら、空気の入替なしでも問題はあまりなかったはずが、2年前から別世界になってしまった。
30分から1時間の間に1度は換気するのを推奨されると、どうやっても室内を温めることができない。

もう一つは、スタジオ南面のガラスに穴がないので、反対側の窓を開けるだけで、かぜの強い日には、南側扉が勝手に開いてしまう事。こんなに気密性があるのになぜ、あまり暖かくならないのかと思うほど。
多分、ガラス面が大きいせいと、高さがあるのでそのせいで冷え冷えになるのかと思います。

結局、換気しながら冷暖房できる商品を設置しましたので、これまでの空調と合わせてお使い頂ければかなり暖かく+涼しく撮影できるかと思います。

配管、空調が映像に写り込む事も考えたのですが、これまでの運営では入口部分で撮影している方を殆ど見かけたことがない。入口右面の配管は邪魔になるかもしれませんので、皆様のご意見も伺いたいところ。

板で目隠しでもしようかと考えているところ。

最新情報をチェックしよう!