バウンスしても影が消えない時の対応

今回は、ストロボを直接人や被写体に当ててない(天井や壁に反射、バウンスさせている)のに、後ろに影ができてしまう。

そんな困った状況への対応についてご説明いたします。(先日来られたお客様からの質問にご回答いたします)

ご質問を受けたお客様は、撮影時間内でいろいろ工夫されて問題ない感じの写真になっていたようですが、撮影を初めてすぐに質問(お話)されたのは、確かこんな感じです。
「ストロボの光を天井にバウンスさせているのに影がうまく消えないですね」

とりあえず、その場では、「このスタジオは天井も壁も白いので、リフレクターを付けて、真上や反対にに向けても反射していい感じに明るい感じの写真になりますよ」という回答をしたのですが、後で検証してみました。

検証では、分かりやすいように直接気味に光を当ててみました。
その状況というのは、こんな感じですね。

被写体に直接光を当てていないつもりなのに、壁の真ん中あたりに草の影が出てしまっています。

それで、逆に被写体の後ろの影の部分から逆にストロボを見てみました。
そうすると、ストロボの中の発光管わずかに見えるんですね。
モデリングランプは見えてもいいのですが、発行部分が見えると影が出てしまうんですね。


角度を少し上向きにして被写体から、リフレクター(ストロボの前のお椀の部分)に隠れて発行管が見えない所までストロボを上に向けるとこんな感じで写真が撮れるようになります。

ですから、その辺の調整をするときは、モデルさんにストロボを見てもらい、発光管が見えるかどうかを確認してもらうといいのかもしれません。

リフレクターがなくて、カポックや、レフ板を使うときも同じ。
もとにかく発光管を見えない角度まで隠すようにすると影が消える訳です。

ね。モデルさんに協力してもらうと簡単ですね。

最新情報をチェックしよう!