ストロボ、カラーフィルターの使い方

今回は、以前投稿させて頂いた、ストロボ色付きフィルターの詳しい使い方をご説明します。

屋内、スタジオでの撮影でしか使えないテクニックになりますが、色付きフィルターストロボは、コスプレ系などの写真では使えるのかと思います。
前の投稿では真っ赤や真っ青の写真を投稿してましたが、インパクトはあると思いますが、そのまんまのイメージの写真を撮りたい人はあまりいないですよね。
きっと。

実際はバックというか、背景に色を付けて手前の被写体には白色光を当てるのが普通だと思います。

セッティングについて説明します。

まず背景に色を付けてみます。そうするとこんな感じになります。

これだと、前の被写体が後方からの色に沈んだ感じになってしまいます。

そこで、この状態で前から光を当ててみます。
そうすると、こんな感じになって、失敗します。

後ろの色がなくなってしまいます。

前の光をどんなに弱くしても、あるいは後ろの色付きの光を強くしても、色は飛んでなくなってしまいます。
被写体にだけ光を当てて、極力後ろの色付きの光を消さないようにするためには、グリッド利用するのが一番です。

グリッドは蜂の巣のようなものでスタジオアトラではソフトボックスの前に取り付けられるようになっています。
こんな感じのものですね。

それで撮ると、写真はこんな感じになります。
どうしてもグリッドの深さが浅いと、後ろの光が消され、背景色が弱くなってしまいますが、一応背景に色を付けられるようになります。

例えばブルーの色を使うとこんな妖艶な感じの写真になります。

如何でしょうか。
妖怪人間的な感じとか、パニックに陥った人の写真とか、少し凝った感じや、コスプレなどには使えるのではないかと思います。
今回の写真は、どなたでもカメラをマニュアル操作できるレベル方なら撮影できる写真です。
ご質問があればスタジオにいらした際にご説明いたします。

スタジオアトラは壁がどの面も、白いのでこういった感じの写真も撮りやすいと思います。
ご来店の際には、少し遊んだこういった、写真を撮るのもいいと思います。 

最新情報をチェックしよう!