スタジオ撮影に使える家具についての説明やブログをまとめてあります。
常時スタジオに置いてありますのでご自由にご利用下さい。
このページではスタジオに常設されている家具や、その修理履歴等をご紹介いたします。
(2020年12月21日リライト)

白のローテーブル

かなり低いテーブルで、撮影にはあまり使えないと思っていたので紹介したこともなかったのですが、このテーブルはモニター、PC画面確認用に使っている方がいたり、ソファーの前に置いて、足を隠すようにしたりと活躍することもあるようです。高さは30㎝程度。

メイク用のテーブル

普段はメイク室に置いてあります。
メイク用テーブルですが、撮影用にもお使い頂けると思います。
奥行が狭めですが、1人用のテーブルとして撮影にご利用ください。

折り畳みテーブル

紹介するほどのものではないのですが、便利に使っていただいているので写真だけアップしておきます。

小さな丸テーブルの修理

スタジオ内にある備品は順番にどんどん壊れていきます。
お客様もぞんざいに扱っているわけではなく、蹴飛ばしているわけでもないのです。
ただ、スタジオ内では人も動くので、どうしても、倒してしまう、ぶつかってしまう、引きずってしまうといったことが起きます。

今回壊れたのはこのテーブル。


お客様の一人に奮闘して頂いて「瞬間接着剤で直した」とおっしゃってくれたのですが、木製のテーブルですので、あくまでも瞬間接着剤では仮付けというレベル。
他のお客様がまた、テーブルと足を取ってしましました。
かまぼこの板程度のものを背面に木ねじ、木工ボンドで貼り付け、そこに足の取り付け金具をさらに木ねじで留めるようにしてみました。まあこれで何とかなると思います。

ところで、円盤状のものの中心ってどうやって測ればいいのか?
悩みました。
結局ネットで調べることになりましたが
「円周上の2点の中間から垂直線を引き、別の2点の中間からも垂直線を引く。その線の交点が中心になる。」
いわれてみるとなるほどですが、中学、高校受験生ならともかく、思い浮かばないですよね。

リゾート風ソファーの修理

撮影スタジオを始めた当初から室内にはソファーを置いてあります。

撮影スタジオには何を置くべきかあれこれ迷ってはいたんですが、1つはソファーが必要なのかな?とぼんやり考えていたのは1年前。

それでスタジオに合いそうなものを探し始めたのはいいんですが、お城に置いてありそうなソファーや、マトリックスでモーティファスが座っていたオールドアメリカンな椅子なんかもいいなと思っていて、いろいろ見て回っていたんですが、なかなか予算とイメージが合うものがない。

結局、籐で編んだ感じのアジアのリゾート、バリ風のソファーを買ってきました。
実は家具のアウトレットや、中古を扱うお店でで見つけたもの。
古いものなのか、高いものなのかは不明ですがなかなか気に入っています。

リゾート風のイメージのソファーはあまり頭になかったんですが、こいつを見つけて一目惚れというか、スタジオにはぴったりだと思っています。
もともと中古だったこともあり、かなり座面クッションがへたってきました。

また新しいものを入れるのか、どうするか迷ったんです。
Google君に聞いてみるとなんとクッション、スポンジ屋さんというものが存在するんですね。
それも一般の人向けに、指定サイズに切り取って発送してくれるらしいのです。

それで注文してお送りいただいたのはこれ。

ソファーのスポンジを取り出してみると2つのクッションスポンジを組み合わせているような作りになっていたので、今回の発注でも2種類のスポンジを発注。上下に重ねて詰め込むことにしました。

少し固めと少し柔らかめ
それで、こんな感じで詰込み

出来上がったソファーひっくり返すと微妙に座面の硬さが違います。

半分、右側だけ新しいものを詰め込んで、左右並べてみました。

左の座面はだいぶん沈み込んでぺしゃんこになっているのがわかると思います。
とりあえずこれで修復完了ということでまた使ってもらおうと思っています。

カメラで撮ると少しモアレ干渉縞が出る場合があります。本当はカバーを変えた方がよかったのかと今になって思っています。
だれかカバー作ってくれないかな。

カウンターテーブル、スツール

スタジオの備品類で、リクエストが多いものの一つ「テーブル」
いつかはスタジオに合うようなテーブルを買いたいとは思っていたんですが、写真のような「カウンターテーブル」を納品してもらいました。椅子、スツールも一緒に。

勿論、動かして撮影にご利用頂いて結構です。テーブルの上の物はそっと扱ってね。撮影に使う場合は、極力床や壁に傷がつかないようにご注意ください。お願いします。

このスツールを置いて2か月になるのですが、撮影では結構出番が多いことに気づきました。
やはり足が長く見えるようで、美人コンテストとか、宣材写真とか、いろいろな場面で使われているようです。

このテーブルの基本使用用途は、今のところ、入口近辺において受付カウンターのように利用しようと思っています。テーブルの上には消毒アルコール薬、エアコンリモコン、電灯スイッチ用iPhon、スタジオ利用手引きを置いておきます。

実はこのテーブルはさらに別用途に利用したいと思っているのですが、完成が見えてきたら報告しますね。

最新情報をチェックしよう!