高田馬場スタジオでのVR撮影

まずはこのVR動画を見て下さい

VRといっても残念ながらモーションキャプチャーのデーター取りや撮影ではありません。どちらかというと家でVRゴーグルやグローブを使っている姿を動画に撮った感じですね。
いや、それにしてもすごい技術が出てきたもんです。

トムクルーズは好きな俳優の一人。
同年代というのに現役バリバリのアクション俳優という面では尊敬します。
きっと半端ない鍛え方なのだと思う。
少し古いが何度もDVDで見ている好きな映画に「マイノリティ・リポート」というのがある。
公開当時はかなり先の未来という感じだったのかもしれないが、最近ではこの中で紹介されるVR、MR技術(いわゆる仮想現実技術)もかなりのレベルで同じようなものが実現されつつあるみたいですね。

新聞レベルでは読んだり聞いたりすることはあってもVRの技術やAR,MRの技術を強く意識した事は無かった。
気づいてみると、なんとなくポケモンGOをやったり、秋葉原でAR人形を見かけたりすることも出てきた。
それらの技術は最近ではまとめてxRというそうだが、「すげー!」という感じは受けてこなかった。
私のようなおっさんにしてみると、遊園地的な技術や、あるいはゲームで使える技術は、あると面白いけど、別に知らなくったって構わない事と脳が判断してしまっていたのかもしれない。

ところがである。

触れる機会さえあまりなかったのに、VRゴーグルをつけた人が、この高田馬場スタジオにも、やってくることになった。

どういうことかっていうと、VR関連の撮影が入ったって訳です。

動画のリンクもうちのスタジオがアップされたら貼りますが、ザーッと見ただけですごいです。
会社さんは

イマクリエイト株式会社

なんていうか便利な物が作ら始めている。
というか身近に必要な技術になりつつある。
昔は溶接の講習ビデオで概要を学んでいたのかもしれませんが、今は

「溶接の技術自体をxRで学ぶ」

ってすごすぎないですか。
熟練の技術、ノウハウがVRゴーグルや、グローブに入っていると考えると、すごい事が起き始めていると思います。

私たちのようなおっさんにしてみると、「実利の面」「産業を前に進めるための技術」「ノウハウを蓄積する」といった側面で飛躍的なものが出てきたと言われると(遊園地技術ではないと判断できるようになって)おのずと

こんなすごい事になってる!!

と直感的に思い始めるようです。。
リモート学習とか、リモートワークで喜んでいる場合ではない!!

こういう会社で働くとワクワクするんだろうなぁ

一応分かりやすいのでYoutubeにもリンク貼っておきます。

しかし、アクセスが少ないのは許せない。

なんとか伸びて欲しいものだ。


スタジオアトラをチェック!!