スタジオとして借りた物件に残ったもの

この物件は貸出状態でほぼスケルトン。

なんだが、スケルトンでもちょっとした問題もある。

この物件には、ちょっと重たい大事なものが残っているのだ、さてなんだ

「金庫」

重いし、思いも入っていそう。なによりこのお店の、社長さん?の名前が刻印されている。

重い金庫
重い金庫を一人で運び出す

以前のお店は、百年も続いたそうで、ご苦労様でした。

店舗を片付ける時にいろんな荷物は運び出してくれたようだが金庫」だけは重たいし特別な廃棄処理がいるそうで業者さんが持って行ってくれなかったようだ

物件内にある金庫も自由に使っていいという話ではあったが。スタジオに現金はないし、入れておきたいものもない。いろいろな大事なものを、このスタジオ内に置く予定はないので晴れてこの金庫はお役御免となった

金庫メーカー「コウシン」

金庫を持って行ってくれる業者さんにいくつか連絡をしてみると新しくて使い勝手の良いものであれば 売れるらしいのだがこの金庫は年代もの「KOSHIN」とあるが、業者さんでもあまり知られていない代物、昔はメジャーだったのかもしれないが。

いずれにしても、お金を払わないと持って行ってくれないそうだ

4万円で引き取っていただくことになった

なんと取りに来た業者さんは ピアノ専門業者さんだった素人が動かそうとするとびくともしなかった金庫だが、業者さんが上手い具合にロープをかけて引っ張り出すと意図も簡単に動き出した一旦動き出すと下にはローラーというかタイヤがついているようで 簡単にガラガラと引き出せるようだった

撤去される金庫

100年続いた老舗の金庫もしかしたら何千万のお金が入っていたかもしれない

いずれにしても長く商売を続けられるようあやかりたいものではある

金庫の鍵
スタジオアトラをチェック!!