自然光をストロボで作る

改めて、このスタジオの太陽光について説明しておきます、
「高田馬場スタジオでは、自然光は入るが直射光はほとんど入りません」
今回はストロボで自然光イメージの光をどうやって作るかという話。

スタジオ南側は、全面すりガラスになっているので、地下にあるようなスタジオとは違い、日中はある程度の太陽光が入ってくる。
何度も言って悪いが、自然光、太陽光は入るが、直射日光ではない。

日中ご来店頂いているお客様に「たまに自然光は入らないのですか?」と聞かれることがあります。
来店頂いているその場で聞かれるので、「今見て頂いている通りです」と説明して、不思議な感じになってしまうのですが、
どうも一般的にカメラマンの方は自然光ではなく、直射光の事を質問されているのだと解釈しています。
そんな感じですので、こちらとしては、「自然光」「強い自然光」「直射日光」を区別して説明しているつもりですが、時々かみ合わないことがあります。

実は少しの間だけ、ビルの間から直射光が少し入ることもあるのですが、どっちにしろ、南側はすりガラスになっているので、結局、拡散された光になる訳で、天候としては曇天の感じの太陽光になる訳です。
写真にするとこんな感じですね。

まあまあ、レースカーテン越しに女性のポートレート等は取れない感じではないと思います。
こんな状況ですから、地下にあるようなスタジオとは違い、ストロボやライト絶対必須のスタジオではありません。
ただ、強烈な自然光や、直射光は入りませんし、夜や、店舗前シャッターを閉めた状態では、スタジオ内のLEDベースライト、パネルLEDライトやストロボを置いて撮影する事になる訳です。

前置きが長くなってしまいましたが、今日の話はこれからが本題です。

「夕方になっても、昼間の光が降り注ぐような、スタジオでの写真を撮りたい」
そういった要望にも回答はあります。
スタジオ慣れしたカメラマンの方の常とう手段なんですが、スタジオ外にストロボやライトを置いて窓に向けてライトを当てる。そうすると、太陽光が入った様な写真が撮れる。
スタジオアトラには、モノブロックが3個あります。そのうちの1個を外、歩道側において室内にストロボをいくつか置いて撮影するわけです。
とりあえずリフレクタだけ付けて、直射気味に当てるとこんな感じになります。

もう少し柔らかめで広い範囲を明るくするように、傘をさして撮るとこんな感じになります。あえて白飛ばしした写真です。

このほかにも店舗前シャッターを閉めて、そのシャッターに向けてストロボを点ける方法もあると思います。(因みにシャッターの内側はそのために白く塗ってありますのでいい感じに拡散するようになっています。)

どんな写真や動画を目指しているのかによってストロボの立て方も工夫されると面白い写真が出来上がると思います。

実は、スタジオを始めてから1度もこの方法で撮影されているお客様を見かけたことはなかったのですが、先日初めて、歩道側にストロボを置いているお客様を見かけたのでブログにしました。
(私も常時お客様の撮影を監視しているわけではないので、以前にもこの方法で撮影されていた方はいるのかもしれませんが)

スタジオアトラをチェック!!